新卒でマッキンゼーに入る難易度は?他社との比較や選考内容も紹介!

グローバルに活躍する大手コンサル企業の一つ、マッキンゼー。

日本でも新卒を対象にした採用を行っており、難関企業の一つとして知られています。

多くの優秀な就活生が選考に参加するマッキンゼーに新卒で入社するのは、いったいどの程度難しいものなのでしょうか。

この記事では、マッキンゼーに新卒で入社する難易度について、複数のデータをもとに解説していきます。

目次

26卒のあなたにおすすめ

トップを狙うなら、Abuild就活!

新卒でマッキンゼーに入社する難易度は最難関クラス

結論からいうと、マッキンゼーの入社難易度は最難関クラスです。

東洋経済オンラインが公開した「入社が難しい有名企業」ランキングを見ると、マッキンゼーは堂々の一位。

東洋経済オンライン
最新版「入社が難しい有名企業」ランキング200社 文部科学省と厚生労働省が調査している大学生の就職状況によると、2021年卒の就職率は96.0%。採用活動が本格化する3年生の2、3月のときに突然のコロナ禍に見舞われ、学内企...

他にも、企業情報をまとめたサイト「GrassDoor」が、「入社の難しい企業トップ25」という調査を公開しています。

2013年とやや古いデータではありますが、こちらのランキングでもマッキンゼーはトップ。

この調査は入社面接の難易度に着目して行われたもので、東洋経済よりもより実態に近いといえるでしょう。

あわせて読みたい
Glassdoor's Top 25 Most Difficult Companies To Interview (2013) - Glassdoor US Interviewing at any company isn’t easy, but at some companies, the interview process is even tougher. To make things even more difficult, the average length of ...
Abuild就活編集部
世界的にも入社が難しい企業として知られているのです

↓トップ内定ならAbuild就活↓

無料カウンセリングで相談する

マッキンゼーの新卒採用は他社と比較して難しい?

マッキンゼーの新卒採用は他社と比較しても、非常に難しいです。

内定実績は非公表ですが、大半が東大生との情報があり、その他の旧帝大が一部のようです。

東大生ばかりと学歴勝負でもかなり厳しい上に採用人数も非常に少ないため、まさに最難関というのは妥当でしょう。

マッキンゼーの新卒採用の流れ

マッキンゼーの新卒採用は以下のように進んでいきます。

  1. 書類(ES)審査
  2. 適性検査
  3. 一次面接
  4. 最終面接
McKinsey & Company
採用の流れ | 日本 ご応募に際してはまずこちらをご覧ください。

公式サイトでは「選考では英語力は一切みていません」とされていますが、マッキンゼーにおける面接内容の解説動画は全編英語です。

日本語の字幕がついている動画もあるものの、最低限の英語力はもっている前提で選考が行われることに注意しましょう。

選考フローは解説動画によると以下のようになっており、非常に個性的な選考フローと言えます。

選考フローの特徴
  • 情報収集や作戦立案を見るゲームテストがある
  • 面接では個人の経験、課題解決力、専門性を見る
  • 課題解決力を見る面接(ケース面接)は約30分かけて行う

    特に注目したいのは、ケース面接です。

    問題に関する資料やデータをその場で渡され、30分という時間制限のなかで課題と向き合うことが求められます。

    フェルミ推定などのテクニックの他、論理的な思考力や統計・情報処理の能力などが総合的に見られるでしょう。

    ayaka

    この記事の監修者

    ayaka

    新卒で航空会社に就職。入社1年目より異例の配属で育成部門に配属。約10年、日本人、中国人、タイ人、シンガポール人の育成・採用に携わる。最短で昇格後は、新人から入社30年と幅広い層のメンバーのマネジメントを行う。
    様々なバックグラウンドを持つ人材と携わる中、「ひとりひとりが個性と強みを活かして、笑顔で仕事ができる組織を作りたい」という想いを持ち、2021年に国家資格キャリアコンサルタント取得。
    現在は中国に在住し、大学生の就職活動支援、駐在員の家族のキャリア支援を行っている。

    目次