【人生終了?】低学歴が就職に不利な理由と逆転して大手内定を掴む5つのコツ

低学歴 就職不利

学歴に自信がなくて、ちゃんと就職できるか不安…

「学歴フィルター」という言葉もあるように、中には高学歴の学生を選考で優先的に選んだり説明会に参加させたりする企業もあるようです。

そこで本記事では、低学歴の就職の実態や学歴に自信がなくても大手の内定をつかみ取る5つのコツを紹介します。

低学歴がコンプレックスで何をどうやって就活を進めれば良いか分からない人は、ぜひ本記事を参考にしてください。

目次

26卒のあなたにおすすめ

トップを狙うなら、Abuild就活!

低学歴は就職で不利なのか?

結論から言うと、Webテストの点数不足や学歴フィルターで落とされるなど低学歴は就職で不利になる可能性はあります。

Abuild就活編集部
応募数が多くふるいに落とすことが目的の企業や、まだ学歴を重視している企業も多いようです。

有名大学は大手のOBが多く内部推薦やスカウトされやすい傾向にあり、また一部の難関大学限定の説明会やインターンシップが開催される場合もあります。

ただし、すべての大手企業が学歴フィルターによる基準を設けているわけではありません。

スキルや経験、コミュニケーション能力、熱意などをうまくアピールすれば低学歴でも大手の内定を掴むことは可能です。

実際に低学歴の大学から大企業に就職する人も多数いるため、学歴だけにとらわれずにできることから努力しましょう。

↓トップ内定ならAbuild就活↓

無料カウンセリングで相談する

低学歴の大学はどこからなのか?

一般的に、偏差値50未満の大学を低学歴と定義する企業が多いようです。

Abuild就活編集部
最終学歴が中高、専門学校だった場合も同様に低学歴とみなされます。

一部の大手では大学だけでなく在籍している学部も含めて評価することもあるため、低学歴と判断されて書類選考で落とされてしまう可能性もあります。

しかし低学歴の定義は企業によってさまざまなので「この大学出身であれば必ず採用される」という保証はないことを理解しておきましょう。

低学歴でも逆転して大手に内定を取るコツ

それでは、低学歴でも逆転して大手の内定を取るための5つのコツを紹介します。

学歴が重視されない業種・企業を選ぶ

学歴ではなく実力や人柄で重視する業種・企業を選ぶようにしましょう。

一般的にIT、不動産、金融、メーカー、ベンチャーなどの業種は学歴フィルターがないことが多いです。

ベンチャーは人材確保を優先にしている企業も多く、また大手メーカーでも間口を広く採用している企業が増えています。

Abuild就活編集部
文系出身かつプログラミング未経験でもやるき重視でSEとして入社したというケースもあるようです。

自分の理想のキャリアを目指せる業種や企業を見つけて、積極的にエントリーしてみましょう。

Webテスト対策を行う

低学歴でも大手の内定をつかみ取るためには、Webテストの点数で企業に有能な人材であることをアピールできるのがベストです。

Abuild就活編集部
企業は即戦力のある学生を求める傾向にあるため、Webテストでその実力を確かめています。

低学歴の場合は学歴フィルターだけでなく、Webテストの点数で落ちる可能性があります。

Webテストの点数は学歴と相関しているため、高学歴の学生は高得点を取ってくることが多いです。

そのため、学歴をカバーするためにできるだけ早いうちからWebテスト対策をしておくと良いでしょう。

学歴以外でのアピールポイントを作る

学歴で自信がない場合は、学歴以外の分野でのアピールポイントを考えてみましょう。

同レベルの評価になった場合は高学歴の方が選ばれやすく、勝率を上げるためには高学歴に勝るようなアピールポイントが求められます。

また低学歴の場合、ライバルに勝つためには「学歴」でなく「人材」で戦う必要があります。

企業研究を徹底してその企業がどのような人材を求めているかを理解した上で、マッチした人材であることをアピールできる要素を探してみてください。

資格取得や語学試験の結果、留学・インターンをした経験はプラス材料になりやすい

長期インターンをする

内定希望の企業が長期インターンを実施していたら、積極的に参加しましょう。

実力重視の会社であれば学歴で劣っていても入社時点ですでに社会人としてのスキルがある」ことを証明すれば内定率は格段に上がります。

Abuild就活編集部
たとえばプログラミングスキルをインターンで身につけておけば、高学歴でプログラミング未経験の学生に勝てる可能性は十分あるでしょう。

先述のように、企業側は新卒であっても即戦力となる人材を求める傾向にあります。

そのため長期インターンでスキルを身につけておくことで、学歴がなくとも大きなアピールポイントとなるでしょう。

就活が辛くて疲れた人でも大逆転する方法

就活きついし、まじで早く終わらせたい…

でも、絶対良い企業行きたい!

こういう方は就活のプロであるAbuid就活に頼ってみませんか?

Abuild就活とは

Abuid就活は以下のような特徴をもつ就活塾です。

Abuild就活の特徴
  • 3ヵ月間の徹底指導で確実に成長できる
  • 実績豊富なコーチ陣によるマンツーマン指導が受けられる
  • ES・筆記・面接対策が受け放題、コーチへの質問もし放題
  • 完全オンラインで全国どこでも受講可能
  • 内定保証制度有り

「自己分析の仕方が分からない」「面接に苦手意識がある」という理由から就活でストレスが溜まったり、やる気が下がったりする人が多いです。

しかし、Abuild就活は独自の自己分析シートとES・面接対策受け放題なので、どんなに苦手な方でも乗り越えられるよう支えます。

そして気になる実績ですが、これまで下記のような一流の外資系企業・国内有名企業の内定者を数多く輩出してきました。

これだけの実績を誇るAbuid就活ですが、現在あなたの就活のお悩みのアドバイスがもらえる無料カウンセリングを実施しています。

これまで5,000人以上の就活生をカウンセリングしてきた実績があるので、「失敗続きの就活をなんとかしたい」という方はぜひお気軽にご参加ください!

\今のお悩みにもお答えします/
https://abuild-c.com/highcareer-shukatsu/abuild-review/
ayaka

この記事の監修者

ayaka

新卒で航空会社に就職。入社1年目より異例の配属で育成部門に配属。約10年、日本人、中国人、タイ人、シンガポール人の育成・採用に携わる。最短で昇格後は、新人から入社30年と幅広い層のメンバーのマネジメントを行う。
様々なバックグラウンドを持つ人材と携わる中、「ひとりひとりが個性と強みを活かして、笑顔で仕事ができる組織を作りたい」という想いを持ち、2021年に国家資格キャリアコンサルタント取得。
現在は中国に在住し、大学生の就職活動支援、駐在員の家族のキャリア支援を行っている。

目次