大学2年に冬インターン参加すべき?メリット・探し方・やるべきことを解説

就活というと通常大学3年から始めるものというイメージがありますが、意識の高い学生で2年生のうちから始めたい人もいるでしょう。

その中でも今回は大学2年の冬でもインターンに参加すべきかどうかについて解説していきます。

その他、大学2年生が冬にやるべきことも解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

26卒のあなたにおすすめ

トップを狙うなら、Abuild就活!

大学2年の冬からインターンに参加すべき?意味ない?

大学2年の冬から可能であれば、インターンに参加してみましょう。

インターンで実際の業務を体験することで、それ自体が成長に繋がる経験になる上に、自分に合う仕事かどうかも見分けがつきます。

また1学年上の就活仲間ができるため、就活情報を聞き出せるチャンスもあります。

その他、参加したこと自体がESや面接でのエピソードトークとしても使えるなど参加するメリットは非常に多いです。

↓トップ内定ならAbuild就活↓

無料カウンセリングで相談する

大学2年の冬からインターンに参加するメリット

大学2年の冬からインターンに参加するメリットは以下の2点があります。

業界理解が深まる

大学2年の冬にインターンに参加することで業界・企業の内面を深く知ることが可能です。

多くの学生が3年になってから、興味のある仕事を考え始めますが、アルバイトの経験しかない学生はなかなかやりたいことが分からないものです。

ですが2年時にインターンに参加しておくことで、参加した企業の業界事情や業務内容のイメージがつきやすくなり、自分に合うかどうかの見分けがつけられます。

選考の経験値が貯まる

大学2年の冬のうちに選考のあるインターンに応募すれば、ESや面接などの選考の経験値がたまります。

通常、多くの学生が3年時のサマーインターンが初めての選考経験となりますが、2年で選考を経験しておくと、その失敗を3年時の選考で活かせます。

3年時のサマーインターンの倍率は大手企業の場合はかなり高いので、アドバンテージがあることで通過しやすくなります。

大学2年のインターンの探し方

大学2年生がインターンを探す方法は以下の6つがあります。

  • 大学のキャリアセンターに相談する
  • OB・OGに紹介してもらう
  • 逆求人サイトを使う
  • 企業サイトをチェックする
  • SNSで応募する
  • 合同説明会で話を聞く

詳しくは大学2年のインターンの探し方を参考にどうぞ。

あわせて読みたい
【26卒必見】大学2年生のインターンの探し方6選とメリットデメリット、注意点まとめ 最近では大学2年生の早い段階からインターンに参加する学生も多くなっているようです。 しかし、中にはインターンの探し方や自分に合ったインターンを見つけるポイント...

大学2年生が就活に向けて冬にやるべきこと

大学2年生が冬にやっておくと良いことを紹介します。

長期インターンを始める

「やりたいことがよく分からない」「就活前にビジネス戦闘力を高めたい」というような方は長期インターンをしてみるのもおすすめです。

長期インターンとは実際に企業で業務に数ヶ月以上従事するインターンのことを指します。

就活時に行われるインターンは主に選考目的のものですが、長期インターンは有給で仕事を行うことが目的ですので、就職前に社会人経験が積めるのが魅力です。

能力を身に着けることが目的なので長期インターン先に必ずしも就職する必要はないですが、能力を認められればスカウトされることも多いです。

Abuild就活編集部

長期インターンはガクチカの材料にもなるなど、あらゆる面で就活を有利に進められます!

1つのことに深く取り組む

就活では就活生が学生時代をどう過ごしてきたかを知るために、ガクチカ(学生時代に力を入れたこと)を深掘りされることが多いです。

そこでおすすめなのが、何か1つのことに深く取り組むことです。

部活やサークルなど日頃取り組んでいることの中で新たな目標を立てて挑戦したり、新たな資格を取得したり、趣味で大会に出たりなど様々です。

インターンを通過し早期内定を目指せる方法

就活くん
志望企業のインターンに受かると思ってたら、普通に落ちちゃった…

このようにインターンに落ちてしまった方へ正直にいうと、インターンに行かなかった企業の内定を掴み取るのは非常に難しいです。

なぜなら、25卒より採用直結型インターンに変わり、インターン経由の内定者がどんどん増えていくからです。

つまりは内定枠が残り少ない状況で、本選考に挑むことになるのです。

「じゃあ、どうすればいいの?」「今さらどうしようもない…」と思っている方に朗報です。

そんな方でも就活のプロであるAbuid就活に頼れば、あなたの理想の内定も夢ではありません。

Abuild就活に頼るべき理由

Abuild就活の特徴
  • 3ヵ月間の徹底指導で確実に成長できる
  • 実績豊富なコーチ陣によるマンツーマン指導が受けられる
  • ES・筆記・面接対策が受け放題、コーチへの質問もし放題
  • 完全オンラインだから時間も場所も選ばない
  • 内定保証制度有り

Abuild就活ならES添削・面接対策も受け放題なので、インターンに落ちた方でも秋・冬のインターンに向けて十分に改善が可能です!

そして気になる実績ですが、最難関レベルのゴールドマン・サックスやマッキンゼーといった外資系企業、総合商社や広告代理店、人気メーカーなどの内定者を続々と輩出しています。

「インターンはダメだったけど、今から逆転したい!」と思った方は、Abuild就活の無料説明会に参加してみませんか?

Abuild就活の無料説明会では、あなたの今の就活のお悩み相談もさせていただくので、ぜひお気軽にご参加ください!

\今のお悩みにもお答えします/
※インターンに落ちた方向けのアドバイスも可能
ayaka

この記事の監修者

ayaka

新卒で航空会社に就職。入社1年目より異例の配属で育成部門に配属。約10年、日本人、中国人、タイ人、シンガポール人の育成・採用に携わる。最短で昇格後は、新人から入社30年と幅広い層のメンバーのマネジメントを行う。
様々なバックグラウンドを持つ人材と携わる中、「ひとりひとりが個性と強みを活かして、笑顔で仕事ができる組織を作りたい」という想いを持ち、2021年に国家資格キャリアコンサルタント取得。
現在は中国に在住し、大学生の就職活動支援、駐在員の家族のキャリア支援を行っている。

目次